2008/05/08

Hello! Nana.


amazonで「Modern Design from Finland-ヴィンテージになったモダンデザイン」という雑誌のインフォメーションをみていて、ふと目がとまる椅子の写真がありました。色は黒、スタッキングチェアです。シンプルでモダンだけど、なんとなくカワイイ。
私がアトリエで予備として置いている椅子は、ヤフーオークションで気に入って落札したものです。なんとなく北欧の匂いがするなあ・・それくらいに思っていました。
そのインフォメーションで見つけたアルファベットを打ち込んで検索をかけてみました。Ilmari Tapiovaaraという単語です。たくさん見つかり、その単語はフィンランドのデザイナーの名前だと分かりました。イルマリ・タビオヴァラ1914-1999。「1937年にはパリのコルビュジェオフィスにて、1953年シカゴのミース・ファン・デル・ローエオフィスで働くなど巨匠のオフィスで多くのことを学び独自のデザインを探求する・・」という興味深い説明も発見。
その彼の作品のサイトも見る事ができました。そして、その中に、3年前に私が気に入って落札した椅子の写真もありました。1956年にデザインされ、名前はNana!なんとなく北欧の匂いがするなあ・・という私の感想はズバリ的中でした。なんだかうれしい、椅子の名前が分かった事もうれしい。私が持っているNanaはかなり使い込まれたものです。何人もの人が座ったことでしょう。
これからも、大事にしたい、そして私の後も誰か使ってほしいな。

2 件のコメント:

妙子 さんのコメント...

NANA、かわいい名前の椅子ですね!
椅子が好き、北欧デザインが好きなLieさんのアンテナにピンときたNANA。
今、私が記事を書いている、現代アートのルイーズ・ブルジョワの「ママン」というクモのオブジェに似ているところがある形です。
シャープなのに温かみがありますね。

lie さんのコメント...

名前かわいいでしょ?アトリエに置いているNanaは、現物ではなくデスクトップ上での写真にピンとくるもがあって、少し競り合って手に入れたものです。アトリエに誰か来てくれたら座ってもらう椅子、そういうチョイスです。微妙なカーブとかも気に入っていただけに、デザインした人がわかり、椅子の名前もわかりちょっと有頂天気分でblogを書きました。taekoさんはわかってくれると思っていましたの。
それではルイーズ・ブルジョワを検索してみま〜す♪

 

Free Blog Counter